Blog

いよいよ新しい時代の幕開け!

今日4月30日、「平成」の時代に終わりを告げ、いよいよ新しい「令和」の時代を迎えます。

昭和生まれの僕にすると、「令和」という元号は「和」があるからか、違和感無く入り込めそうですが、平成生まれの人は少しの間違和感を感じるかもしれませんね。

とはいえ、平成も30年。振り返ると、個人的にも店的にも色々あったなあと感じます。

僕は修行先で「平成」という発表の中継をTVで見たので、平成の最初は修行の時代だった的な印象があるのです。

一番「平成」の時代を思い出す時、強烈なインパクトが残っているのは、やはり阪神淡路大震災でしょうか。

1995年(平成7年)の事で、僕はその前年まで兵庫の西宮にいました。

地震が発生した1月17日、その翌日の18日に以前の職場のメンバーとスキーに行く事になっていました。

地震が発生したのが午前5時46分。メンバーとは、「朝6時に西宮に寄って、車に乗せていくわ」的な話をしていました。

阪神高速が見るも無残な状況になっていたのは、TV等の画像でもご存知でしょう。高速バスがもう少しで下に転落しそうな画像がありました。

もし、地震が1日後にずれていたら・・・

あの高速の上に自分が運転している車が走っていたとしたら・・・

今考えても、多分冷静な判断は出来なかったんじゃなかろうかと。

地震当日の夜、メンバーと何とか電話は繋がりましたが、大変な事になり、地域が復旧まで多くの時間がかかったのはご承知の通りです。

東日本大震災もありましたが、店的には去年の台風21号でしょうか。

店のテントがもぎ取られたり、店の営業史上初めて「停電」での営業休止を強いられました。それまでにも、台風接近での営業休止はありましたが、停電というのはありませんでした、

駅前のメルヘンの改装途中だったのですが、業者さんのご尽力でこちらは無傷で済みました。

ある識者さんが、「元号が平成とか大正とか、語尾が伸びる元号の時は天災とかの災いが多い。昭和とか明治とか、語尾が締まる元号の方が良い。」的な事を言われてました。

まあ、一概にそういう訳でもないでしょうし、近年は環境の変化が激しいのでそちらの影響の方が大きい気がしますが。

明日から新しい「令和」の時代に入ります。

正直、これで何か変わる訳ではないでしょうが、何にしても気分が変わる、「気」というのは大事ですね。

我々の業界的には、原材料等の高騰、人手不足など元号が変わって解決するはずもありませんが、せめて痛ましい大きな災害はできるだけ起こってほしくない、起こってしまっても最小限にとどめたいと願うばかりです。

明日からの「令和」元年、頑張っていきましょう!

 

↑
SNS
marchen(メルヘン)
OPEN 9:00~20:00
定休日:不定休
TEL 0721-53-7843
grimms heim(グリムスハイム)
OPEN 9:30~20:30
定休日:無休
TEL 0721-55-0368
MENU CLOSE